ペンの指す先にあるもの

素直になれなくて、でも追いかけて

1年に一度の魔法 特別な日

 

小山慶一郎さん!33歳のお誕生日おめでとうございます!!!

 

NEWSのお誕生日曲の歌詞をブログタイトルにしちゃうくらい最高に小山さんが大好きで浮かれています。2017年5月1日。青空が広がってとっても気持ちのいい陽気の朝です。小山さんは今日もスーツを身にまとってキャスターとして汐留でお仕事されるんですね。はあ……好き。

 

昨日は静岡で初めて大好きな人の誕生日をコンサートという素敵な空間でお祝いさせていただきました。小山さんを祝うHappyBirthdayの大合唱が会場に響き渡る中、とっても幸せそうなニコニコしたお顔の小山さんを見てたら何だか泣きそうになっている自分がいました。

 

小山さんはとっても優しい人で努力する人で相手の気持ちを汲み取れる人で大好きだなあと思います。相槌の入れ方とか、相手の話をうまく引き出すところとか、聴き上手なところにほんとに感心させられます。

 

大人の余裕があるんだけど、男子中学生かよって位ふざけるし、所々天然で、甘いものが好きでサプライズ期待して「ケーキが食べたいんじゃあ!」(千鳥風)っていってゲラゲラ笑ってるところとか、可愛いところ挙げるとキリがありません。お誕生日のケーキの帽子被ってスタトロ乗ってたのがもう可愛過ぎて……JEさんお願いします映像で見せてください……(涙目)

 


お祝いツイートで『あなたのお陰で人生に光が差した』って呟いたんだけど、ちょっと大袈裟かなあって思いつつも、小山さんを好きになってからの日々を振り返ってみればやっぱり人生観が変わったというか、見える世界がまた一層素敵になったなあって思います。正直、毎日泣きそうになりながら唇噛み締めて会社行ってた社会人1年目を乗り越えられて、今笑えてるのは間違いなく小山さんの存在が大きかった。

 

静岡では来年迎える『15周年』ってフレーズを繰り返していたのが印象的でした。きっと、ファンのことを沢山たくさん想って素敵な15周年に向けて4人は動き始めてくれているのでしょう。私は途中乗車組だけどそんなこと関係なく幸せに誘ってくれる優しくって可愛くてなによりカッコイイNEWSの魅力にいつの間にか溺れていました。「もっと早く好きになればよかった」なんて何回も思ったけど、追いかけようと決心したのが去年で良かったなあって今は思うようにしています。動き出すのが今年だったらきっもその何十倍も後悔してた。ジャニーズカウントダウン2016-2017にて目の前で小山さんが4月から始まるこのツアーを発表した時の興奮は未だに忘れられないし、やっぱり私の選んだ道は間違ってなかったんだなって思える。

 

ここからはNEVERLANDの感想にもなるけど

"それでいいの?

目指す場所へ行くと決めたんだろう"

U R not aloneのこの歌詞で、いつの間にか忘れてしまってた入社当初思い描いていた夢をふと思い出して。過ぎていく毎日をこなすのに必死で、出来れば楽な道を歩みたいなって甘やかしてた自分にこのフレーズが心に突き刺さりました。コンサートで大合唱するとき『夢から逃げない』っていう"自分自身への誓い"だと思って馬鹿みたいに大きい声で泣きながら歌っていました。

 そして、印象的だった小山さんの言葉。

『一緒に手をつないで前に進んでいきましょう。

ほんとに、必死に一生懸命頑張っていきますので。これからもNEWSを応援してください。』

静岡2部の最後の挨拶なんですが、 逐一『一緒に』って言葉を使ってくれる小山さんが泣けてきちゃうほど大好き。そして力強く『必死に、一生懸命、頑張る』って語りかけるその真剣な眼差しに勇気をもらいました。

 

24時間TVという大きな仕事を控えていて、平日にはevery.があって、この夏は多忙だろうけれどお身体にはお気をつけて。全力の全力で私も付いていきます!翔さんとのエピソード沢山話してね!私が喜びます!

小山さんが今後もっと大きくなっていく姿をどうしても見守りたいんです。どうか小山さんの努力が実を結びますように。

 

改めて、慶ちゃん誕生日おめでとう。

大好きです。